CMS構築

コンテンツ・マネジメント・システム(Content Management System,以下CMS)とは、ウェブサイト制作をするための専門知識が無くても、テキストや画像などの情報をお客さま側でいつでも変更することができるようにするツールのことです。

CMSで簡単にリアルタイム情報発信

CMSを使えば、ちょっとした修正、リアルタイム性が求められる情報などを、
お客さま側で更新することが可能になりますので、
常に鮮度の高い情報発信をすることができます。

事例1:全社更新をかなえるCMS

北陸電力

大きな組織での運用に適した承認システムを備えるビーンズが独自開発をしたCMSです。
「Webサイトガイドライン」に忠実なコンテンツ更新を推進し、社内の承認フローを円滑にしました。
また、検索エンジンの実装、携帯サイト、RSSの対応など、インターネット推進のアドバイザリー機能を果たしています。

オスカーホーム

大きな組織での運用に適した承認システムを備えるビーンズが独自開発をしたCMSです。
物件情報の編集、社員ブログなど、多様な機能を実装しています。

事例2:PC・携帯両対応のCMS

富山グラウジーズ

エンジン部分にブログソフトとしても有名なWordpress(ワードプレス)を使い、ウェブサイト全体を管理画面から更新することを可能にしています。1つの記事を投稿すると自動的にPC版と携帯版のページをそれぞれ制作するので、お客さまの閲覧環境の多様化にも対応しています。試合結果、試合の直前情報など、スポーツチームに欠かせないリアルタイムな情報発信にお役立ていただいています。

事例3:ウェブサイトの一部をCMS化

S-QOL(スコール)

エンジン部分にブログソフトとしても有名なMovable Type(ムーバブルタイプ)を使い、ウェブサイトのデザインに合わせたフォーマットでお知らせ記事などを掲載しています。操作もワープロソフトを使う感覚で更新ができるので簡単です。レッスンの予定変更や、キャンペーン・セミナー情報など、リアルタイム性が求められる情報更新にお役立ていただいています。

このページの先頭へ